スーパースポーツ

supersports

ブームが起きていた

スーパースポーツとはバイクの種類の一つであり、かつてはレーサーレプリカと呼ばれていたことがあります。
かつてのメーカーはレーサー活動によって得られた技術をもとにした車両を販売していて、それがレーサーレプリカと呼ばれていたのです。
そのため、レースの結果によってセールスに大きな影響を与えていました。

日本では1980年代の初頭にかつてないほどのバイクブームが訪れて、芸能人がレースに参加したり、あるいは映画や漫画、CMなどでも大きく取り上げられるようになりました。
そのため、ロードレースにあまり興味のなかった方にもバイクが注目されるようになったのです。
バブル景気になったこともあり、ロードレースへのエントリー数は増えていき、メーカーは続々とモデルチェンジをしていき、最新技術を駆使してバイクの性能を向上させようとしてきました。

このような時代背景があったことから、高価格であり、すぐに新しいモデルが出て、一般的な用途としては使用しづらいにも関わらずレーサーレプリカは飛ぶように売れたのです。
この頃にレーサーレプリカのブームが起きたことから、この名称が一般に広く認知されるようになりました。
ただし、ネイキッドバイクが登場して、大型バイクを好む人も増えたことから、レーサーレプリカにはかつてのような人気はありません。
最近になってレーサーレプリカという呼称ではなくスーパースポーツという呼び方が一般的になりました。

スーパースポーツの良さ

スーパースポーツはとにかくスピードを出すことができるのが特徴であり、さらに乗り回しやすいという利点があります。
カーブで曲がりやすく、加速もしやすいため、サーキットで走りたい方や、峠攻めをしたい方に好まれています。
まるで自分がロードレーサーになったような気分を味わうことができて、実力以上の走りを実現できるのです。

そのため、あまり初心者向きではなく、バイクをきちんと乗り回すことができる人が利用するべきでしょう。
本人の実力以上の走りができてしまうのは、初心者にとっては怖いことだからです。
ポジションはかなり前傾となっていて、シートはクッション性がなく、積載性もあまりないといった欠点があります。

これはもともとレースのためにつくられたモデルをもとにしているため、ある意味では当然でしょう。
そのため長距離のツーリングにはあまり向いていないという点をきちんと理解しましょう。
メリットとしては車体が軽くなっており、シャープなスタイルとなっていて、女性に好まれやすいです。
実際に女性の方がスーパースポーツに乗っているケースもあり、今でも一部の方に根強い人気があります。