スクーター

scurter

日常的に気軽に扱える

スクーターとは原動機が座席の下にあり、前方には足踏台が設置されていて、車輪の直径は22インチ以下となっている二輪自動車のことです。
どうしてスクーターという名称が使われているのかは諸説あります。
現在のスクーターは乗りやすさが追求されており、日常的に気軽に扱えるものとなっています。

シートは座る状態となっており、荷物の収納スペースが豊富に用意されているものが多いです。
エンジンから後輪まで一体となっているユニットスイング式のものがよく見られます。
オートマチックトランスミッションを採用していて、クラッチが自動となっている車種がたくさんあります。

一般的には近所を移動するための交通手段として用いられるのが多いのですが、排気量の大きな車種も出ており、高速道路で走行をして旅行をするために用いられることもあります。
スクーターはもともと1910年代にアメリカで発売されたものが起源となっています。
日本では敗戦後気軽に乗ることができて実用性の高いスクーターは多くの方に使用されていました。

もともと欧米ではスクーターというのは高級な娯楽道具という位置づけだったのですが、日本では自動車の代替手段として使われていたため、長くそのイメージが根付いていました。
たとえばGHQはスクーターを日本で生産するのを中止させるような指令を出しています。
結果的には、日本ではスクーターは実用的なものとして使われていると説明したおかげで、生産は許可されました。
日本では1947年に富士重工業がラビットを製造し、1948年には三菱重工業がシルバービジョンを販売したために、スクーターは国民の足として定着しました。

スクーターの良さ

スクーターの良さとしていろいろな排気量のものが存在していて、用途によって使い分けることができます。
最も小さなものは50ccクラスであり、こちらは免許を取得するのも簡単であり、近場を移動するのにはかなり重宝します。
125ccクラスのスクーターはいわゆる原付よりもかなりパワーがあり、速度規制もなく、かなり快適に移動できるでしょう。

こちらは50ccクラスと維持費が変わらないためにコストがかからない点もメリットとなっています。
150ccから250ccクラスのスクーターはより見た目が大きくなり、車両は安定感があります。
高速道路で乗ることができて、広い範囲で移動手段として活用することができるでしょう。

コンパクトでありながら実用性も高いため、街乗りから遠くへのツーリングまでマルチに利用できます。
250ccクラスは長距離ツーリングであっても楽にこなすことができて、パワフルに走れます。
スクーターの中でも最高ランクに位置しているのがMAXYクラスであり、高速で安定して走れます。
自分の用途に合わせたスクーターを選ぶことによって、快適にスクーターの性能を満喫できるでしょう。