アメリカン

american

インディアンやハーレーダビッドソンが有名

バイクの種類の一つであるアメリカンは海外ではクルーザーと呼ばれています。
長い直線で起伏の少ない道路を走ることを重視した車種であり、主に北米大陸で発達してきたものです。
たとえばアメリカ製のインディアンやハーレーダビッドソンは日本でも人気が高く、これらのバイクは日本においてはアメリカンバイクと呼ばれることが多かったです。

舗装路を走ることを重視したバイクがアメリカンですが、ロードスポーツとは異なった特徴を持っています。
米国大陸では舗装された長い直線路がいつまでも続くという光景がよく見られるため、そのような風土にアメリカンはかなり適しているのです。
ゆったりとクルージングを長時間続けるために適切なエンジン特性や車体特性を持っているのがアメリカンなのです。

アメリカンの始まりは1930年代頃であり、この頃からハーレーダビッドソンや今は現存しないインディアンといった米国のメーカーが次々と車種を発表していきました。
今でも当時のアメリカンバイクの特徴を意識した車種が出ており、クラシカルな構造を採用しているバイクは多いです。
最近でも伝統的な形式や機構を採用しているエンジンを搭載したバイクはたくさんあります。

ただし、いつまでも伝統にこだわっているわけではなく、伝統的な特徴を活かしながらも近未来のようなイメージを発展させている外観のバイクも出ています。
アメリカンバイクの中にも現代性があり、エンジン性能の高いバイクがたくさん登場しているのです。
アメリカンバイクについてはこちらのサイトで解説しているためチェックしてください。
>>http://www.h2.dion.ne.jp/~kokudoh/riding/howto3.htm

アメリカンの良さ

アメリカンバイクはエンジンから生じる音や鼓動感、乗車姿勢はゆったりとしていて、他の車種にはない特徴があるために世界中で人気を集めています。
日本やヨーロッパのバイクメーカーでもアメリカンに該当するような車種を販売しているのです。
日本ではアメリカンタイプやアメリカンバイクといった呼称が定着しているのですが、最近は米国以外のメーカーが出すことも増えているため、日本でもクルーザーと呼ばれることが増えています。

車高は比較的低く、ホイールベースが長いという特徴があり、そのために直進安定性に優れています。
車体は重いため取り回しが重くなるという欠点があるのですが、これによって走行時の安定感はとても高くなっているのです。
シートが低くてハンドルバーが高いために直立した状態で乗車することになります。

そのために市街地や都市部を走るのには不向きであり、日常的に用いるタイプではありません。
ライダーといえばスリムではないとカッコ悪いというイメージがあるのですが、アメリカンに関しては別です。
一方、アメリカンというのはバイクの中でも唯一お腹が出ている方でも安心して乗れるバイクとなっています。
アメリカ人の体型にぴったり合っているバイクであり、中高年になってもかっこよく乗り回せるでしょう。