中古バイクの選び方

中古バイクはまず見た目で選ぶ

中古バイクは、お得にバイクを購入することが出来る、ライダーの強い味方です。
まだバイク慣れしていない初心者の方にもピッタリで、慣れるまでは中古バイクを乗ろうという決断をされる方も少なくありません。

そんな中古バイクですが、選ぶ際にはまず、バイクの見た目から決断することをおすすめします。
バイクの種類やバイクのデザイン、バイクのルックスなど、この部分は、個人の好みで決めることが大切です。
こだわりのブランドがある場合は、ブランド商品を探してみると良いでしょう。

また、見た目的に汚れていないか、さびていないかなど、細かい部分もきちんと確認しましょう。
そうしたバイクは値段が安いですが、きちんと作動しないケースも少なくありません。

走行距離をチェックしてみましょう

バイクの通常の目安走行距離は、10万キロと言われています。
走行キロ数が多ければ多いほど、バイクに不具合が生じる可能性が高くなりますので、出来るだけ走行距離が短いバイクを選ぶと良いでしょう。
走行距離が短いバイク程新品に近く、中古で購入しても、長い間乗ることが出来る傾向にあります。

もちろん、10万キロ走っていても、問題なく走ることが出来るバイクも多くあります。
走行距離が長い分、安く販売されていることも少なくありませんので、どちらを優先するかを決めてください。

必ずまたがって判断することが大切です

バイクは客観的に見ていると良いと感じていたのに、実際にまたがってみると、何だかイメージと違ったと感じる車体は少なくありません。
こちらもあくまで好みの問題ですが、乗り心地が悪いと、せっかく購入したバイクも、すぐに転売せざるを得なくなる可能性があるでしょう。

そのような勿体ない事態に陥る前にも、バイクは見た目だけで判断するのではなく、実際にまたがらせてもらうことが大切です。
可能であれば、エンジンを掛けさせてもらい、試運転をさせてもらうと良いでしょう。
実際に乗ってみるとイメージと違うというバイクや、実際に乗ってみたらしっくり来たというバイクに巡り合えることは珍しくありません。

お店をいくつか巡りましょう

バイクはお店によって、当然ですが品ぞろえが異なります。
中古バイクの場合は特に、商品のラインナップが全く異なりますので、お店巡りをすることも大切です。
お目当てのバイクがある場合は特に、諦めずにいくつかのお店を巡ってみると良いでしょう。

特にお目当てのバイクが無い場合でも、ショップ同士を比較することは大切です。
ショップによっては、同じ機種のバイクが、走行距離も少なく、新品同然な状態にも関わらず、安く売られているという事態が起きることもままあります。
後から後悔しないためにも、お店巡りを行うように心がけましょう。