買い替え時の必要書類や手続き

まずは廃車手続きを行いましょう

バイクの買い替えをする際に、今まで乗っていたバイクを処分するという場合。
適当に粗大ごみとして出すわけにはいかず、廃車手続きと呼ばれる手続きが必要になります。

廃車手続きとは、この車両は自分はもう乗りませんという法律上の手続きになります。
車両は必ず、オーナー情報を届け出る必要がありますが、その情報を破棄する手続きと言い変えられるでしょう。

廃車手続きを行う際には、ナンバープレートや届け出済証、返納届など、様々な必要書類があります。
バイクのサイズによっても届け出しなければいけない書類が異なりますので、事前に必要書類をよく確認しましょう。
また、印鑑も忘れずに持参してください。

廃車手続きは代行してもらえる?

バイクの買い替えを行う際には、お店側が廃車手続きを代行してくれることも珍しくありません。
廃車手続きを行ってもらい、スムーズに新しいバイクに買い替えをすることが出来るのです。

ですが、廃車を店舗に代行してもらう際にも、いくつか用意をしなければいけない書類があります。
届け出証や自賠責保険証、身分証明書など、こちらもバイクの大きさによって必要になる書類が異なりますので、よく確認をすることが大切です。
また、こちらの場合も印鑑が必要となりますので、忘れずに持参しましょう。

下取りをしてもらうにも廃車手続きは必ず必要

バイクの下取りをしてもらう際にも、必ず廃車手続きは必要です。
下取りを行っているショップの多くでは、廃車手続きを代行して行ってくれていますが、ショップによっては、廃車手続きは自分で行わないといけない場合もあります。
万が一買い取りをされてから、廃車手続きを行っていないミスに気が付いた場合、大きなトラブルに繋がる恐れがありますので、十分注意しましょう。

また、代行業務を行ってもらう際には、一つでも書類がかけていると、代行業務を行ってもらうことが出来ず、買取自体が無効になるケースも少なくありません。
せっかくお得にバイクを買うことが出来るチャンスを潰してしまわないように、必要書類はきちんと保管しておきましょう。

買い替え時の大まかな流れ

買い替え時の大まかな流れとしては、主にこのようにして行われます。

まず、好みのバイクを選んだら、現在のバイクの査定を行ってもらい、下取り査定をしてもらいます。
査定額に応じて、新しいバイクの価格が決定するでしょう。
価格決定後、正式に購入の契約に移ります。

次に、今までのバイクの廃車手続きを行っていきます。
お店側がやってくれる場合もあれば、自分で行わないといけない場合もありますので、事前に確認が必要です。
その後新車登録をし、全ての手続きが完了したら、バイクを手に入れることが出来るでしょう。