レインウェア

雨の日にバイクに乗るならレイングッズが欠かせない!

車と違って、むき出しの状態で走行をしないといけませんので、雨の日にバイクに乗る際には、レイングッズが欠かせません。
ただでさえ風を受けると体が冷え切ってしまいますので、体を濡らすことが無いように、しっかりと防水のアイテムを利用して、バイクに乗りましょう。

レインアイテムの要ともなるのが、レインウェアです。
通常の服の上から着ることが出来るレインコート的存在ですが、このレインウェアは、防水加工が施され、裏地も分厚いものが多いため、寒い日も安心して着ることが出来るでしょう。

レインウェアは1サイズ大きいものを選びましょう

レインウェアを選ぶ際には、ちょうど良いサイズの物を選ぶのではなく、服の上から着ることが出来るように、1サイズ大きめの商品を購入しましょう。
普段着ている服のサイズと同じサイズで購入してしまうと、服の上から着ることが出来ず、パツパツになってしまいます。
ネット購入をする際には試着をすることが出来ませんので、サイズ感に特に注意が必要です。

また、レインウェアは防水加工の物と一口に言っても、内側からの水蒸気は外に放出することが出来るタイプ、耐久力に優れているものの、通気性が非常に悪いタイプに分かれます。
夏場に着るのか、冬場に着るのか、値段なども見て判断をするように心がけましょう。

シューズやヘルメット、収納アイテムも忘れずに

レインウェアの他にも、レインシューズやヘルメット、レインウェアを収納するアイテムも忘れずに用意しましょう。
専用アイテムというものはありませんが、雨の日に困らないようなアイテムを事前に用意しておくことが大切です。

例えばレインシューズは、布製のスニーカーなどで普段運転している場合は、びしゃびしゃになりますので避けた方が賢明でしょう。
長靴とまではいきませんが、せめて防水加工の革靴などを履くことをおすすめします。

次にヘルメットですが、雨の日はフルフェイスタイプのメットでないと、顔がびしゃびしゃ、視界が全く見えなくなると言えるでしょう。
その為、防水加工を施したフルフェイス、もしくは、ゴーグルなどを用意しておくことをおすすめします。

そして、レインウェアなどを入れておく収納袋も忘れてはいけません。
室内に入る際には必ず脱ぎますので、カバンの中に用意をしておくように心がけましょう。

運転時にも注意をしましょう

雨の日はグッズはもちろんですが、運転方法にも注意が必要です。
どうしても雨の日は、非常にタイヤが滑りやすく、スリップを引き起こしやすいことで知られています。
速度を出し過ぎず、ブレーキも早め早めにかけましょう。

視界が非常に悪いため、安全運転を心がけることが大切です。