グローブ

grove

高速で走る危険性

人の皮膚というのはとても弱いものであり、すぐに破けてしまうことが多いです。
常に外界と接しているところであり、さまざまな原因によって被害を受けてしまいます。
バイクに乗るということは、高速の状態で走り続けることであり、そんなときに皮膚をさらしてしまうのはかなりリスキーといえるでしょう。

たとえば、軽くコケそうになってしまうことはバイク乗りにはよくあるのですが、そのときに素手で手をつこうとしてしまえば大変なことになります。
基本的にアスファルトの上を走ることが多いため、地面に手をつくと確実に怪我をするでしょう。
転んだときの備えとして頭にはヘルメットを装着しておきますが、それと同じ理由で手にはグローブをつけておくのです。

また、手は常に何らかの操作をしている部分であり、素手で乗っているとすぐにマメができてしまうでしょう。
ただグローブをつけるだけでも手の疲労を抑えることが可能であり、汗ですべることもなくなるため操作しやすくなります。
冬季になるとかなり外は寒くなり、さらに走っている途中には手にずっと寒風が当たることになるため、グローブなしで運転することはかなり危険でしょう。

雨が降ったときにも素手だと手が濡れてしまいそれによって大きな影響が生じます。
このようにいろいろな状況への対応策としてグルーブを使うことは有効なのです。

グローブの選び方

バイク用のグローブにはいろいろな種類のものが出ているため、それぞれの特徴を理解しましょう。
ショートタイプは使い勝手が良いという特徴があり、スタンダードなタイプとなっています。
ロングタイプはショートとは異なり手首まで覆うことができるため、これによって防寒性や防風性に優れています。

冬用のグローブはロングタイプのものが多く、脱着に手間がかかるという欠点があります。
オフロード用のグローブが出ており、こちらは操作性を一番重視しているのが特徴です。
薄手の素材を使用していることが多く、自然な感覚でバイクを操作できます。

一応、プロテクターもつけられているのですが、できるだけ軽量で手を動かしやすくしています。
ツーリングをしているといつ雨が降ってくるかわからないのです、防水素材を使っているグローブはおすすめです。
特に長期のツーリングをするときには手を守るためにも防水素材はとても重要でしょう。

一般道で走っている方にはあまり意味はないのですがレーシンググローブというものもあります。
こちらは操作性を最大限重視しながらも指や掌を保護するための配慮もしてあります。
このようにたくさんのグローブがあるため、使い勝手が良くて、自分の気に入ったデザインのものを買うと良いでしょう。