ETC

バイク用ETCをつけておくメリット

高速道路などで料金を支払う際に重宝されているのが、ETCシステムです。
車用だけではなく、バイク用のETCも幅広く案内されており、サクサクと運転をしたい方には、正に必須アイテムと言えるでしょう。

日頃高速道路を利用しない方の中には、お金を払ってまで設置するのが馬鹿らしいと、ETCを搭載していない方も多くいます。
もちろん、搭載するか搭載しないかは本人の意思と好みで決定して大丈夫です。
ですが、その状態で、高速道路を一度でも走った方は、帰宅後ほとんどの方が、ETCの申し込みを検討されていることで知られています。

その理由は、料金所で起きたトラブルによるものであると考えられますが、主にこのようなトラブルが起きたという方が多いでしょう。

ETCを付けておかないと、このような事態に陥ることも

バイク用ETCを付けておかなかったことで、料金所に入った際に、このようなトラブルが発生したという方もいます。

まずは、とにかく手間がかかって、後続車を待たせてしまったということです。
バイクで料金所を通るためには、一度足を地面について、両手を放して、手袋を外して財布を出して、お金のやり取りをしてまたアクセルを踏みなおすという手順が必要です。

車の場合はこれらが片手間でササッと出来ますが、バイクの場合はそうはいきません。
万が一お金を落としてしまおうものなら、一度バイクを止めて、バイクから降りてお釣りを拾ってという手間も追加で発生します。
そうこうしているうちに、後続車が増えて、高速のスムーズな通行を妨害してしまう事態に発展しかねません。

次に、せっかく気持ちよく走っていても、料金所で邪魔をされた感じがするということです。
バイクは風になったかのように颯爽と走ることが出来るのが特徴ですが、料金所が頻繁にある場所ではそうもいきません。
せっかく気分よく走っていても、料金所に入るたびに上記の流れを踏まないといけないため、気分がぶち壊しになったと感じるライダーが多いでしょう。

ETC申し込みはとっても簡単!

このようにETC搭載がされていないバイクは、車にも増して面倒な手間費がありますので、スムーズに走行するためには、ETC申し込みをしておくことをおすすめします。
申し込み自体はとても簡単で、クレジットカード会社と一緒に申し込むことが出来る場合も多くありますので、カードを作りたい方は、一緒に作成してしまうことをおすすめします。

また、現在持っているクレジットカードがETCに対応している場合も少なくありません。
カード会社に確認をして申し込みを行いましょう。

ETCを取り付ける機械自体も、申し込みを行えば取り付けが可能です。
取り付けは自分で行う場合もあれば、ショップなどに持ち込む必要がある場合もありますので、よく確認を行いましょう。