ロック

バイクの盗難事件は実は多い

バイクは車に比べると非常に盗難事件が多いことで有名です。
車と違って、何人かで持ち上げてしまえばトラックに積むことが出来る点、セキュリティ意識が低いライダーさんが多い点が、大きな理由と言えるでしょう。

バイク盗難は、自宅でも行われてしまうことも多く、いつ何時被害に巻き込まれてしまうかわかりません。
大切な愛車に何かあってからでは遅いので、盗難事件に巻き込まれないためにも、出来る限りの対策を行うように心がけましょう。

愛車を守るためには、このようなセキュリティグッズの利用を検討されてみてはいかがでしょうか?

愛車を守るお手軽アイテム

最もポピュラーなロックアイテムとして知られているのが、ディスクロックやチェーンロックなどの、キータイプのセキュリティグッズです。
こちらの場合は、自分の好みに合わせたキーアイテムを利用されるライダーさんが多く、利用用途に応じて使い分けをされている方も珍しくありません。
いくつか購入しておいて、外出用、自宅用と、分けて利用をすることをおすすめします。

次にアラームがついているタイプのセキュリティアイテムです。
振動や傾きなどを感知して大きな音が鳴り響くアラームタイプや、鍵を無理やりこじ開けようとするとアラームが鳴り響くタイプまで、様々なアラームアイテムがあります。
大きな音がなるだけでも、大きな防犯効果を得ることが出来ますので、是非とも取り入れたい防犯アイテムです。

そして、イモビライザーです。
バイク盗難に多いのが、不正にエンジンを始動させ、そのまま乗り逃げしてしまうという盗難方法ですが、正規のロック解除を行わないと、エンジン始動が出来ない仕組みになっています。
アラームを兼ね備えてアラームイモビライザーというアイテムもありますので、必要に応じて利用してみましょう。

愛車を守るためにはこんな工夫をすることも忘れずに

愛車を守るためには、セキュリティアイテムを利用しながら、このような工夫をしていきましょう。

まずは、バイクを外出時に止める際には出来るだけ、人通りが多い場所に止めることが大切です。
人目が少ない路地裏などに停車してしまうと、取られる可能性がぐっと高くなります。
外出時は出来るだけ、人目に付く場所に止めておきましょう。

反対に、家にいる時には、出来るだけ人目に付かない場所に置いておくことが大切です。
自宅盗難の多くは、人目に付く場所にバイクを置いて置いた結果、バイクの下見をされて、盗まれる事態に発展すると言われています。
そうならないためにも、出来るだけ人目に付かない車庫の中などに置いておくように心がけ、自宅に居ても鍵を閉める習慣は忘れないようにしましょう。