ファミリーバイク特約のメリットデメリットについて

ファミリーバイク特約とは

ファミリーバイク特約とはリーズナブルに加入できるバイク保険として注目されています。
具体的にはすでに家族や本人が自動車の任意保険に加入していると選択することのできる保険です。

すでに支払っている保険でほとんどの保険料が賄われており、あらたにバイクの任意保険に加入することなく自分の名義になっている50㏄~125㏄までのバイクについて保険が適用されることになっています。
加入している保険会社の自動車保険の内容によって料金やサービス内容が違ってきますが、どのバイクでも新たにバイク保険に加入するよりもリーズナブルです。

ファミリーバイク特約に加入するメリット

やはり加入するメリットは経費が掛からないところです。
バイクはお金がかからないとはいっても、毎日走っているとガソリンも必要ですし駐車場代や税金といったコストもかかっていきます。
そのため少しでもバイクに対してのランニングコストを軽減しながらも、事故での補償を受けるためにはファミリーバイク特約とはとても便利です。

また、普通の任意保険は事故を起こしてしまうと翌年から等級が下がってしまい保険料が高くなってしまいます。
事故が無ければ等級は上がっていき保険料が安くなるというシステムがとられていいます。

ファミリーバイク特約はバイクが事故を起こしても本契約については等級に影響をしません。
あまりにも頻繁に事故を起こせば特例がつけられる可能性はありますが、基本的には等級が変わることなく補償が受けられるためメリットはとても大きいです。

ファミリーバイク特約のデメリット

やはり、メリットがあればデメリットもあるものです。
そこで加入するにはきちんとデメリットも理解したうえでの加入が求められます。

最も大きなデメリットとしてロードサービスが使えません。
バイクに乗っている人はツーリングで遠出することも多く、出先で事故に遭ったり故障をしたりした場合、バイクをロードサービスで運ぶことができないのはかなりの痛手です。

特約であるため、バイクにはこのロードサービスが付けられていません。
中にはロードサービスを対象としている保険会社もありますが、そういったところは保険料が高かったり制約がかかったりすることがありますし、ほとんどの保険会社では付かないです。

また、すでに契約している保険のオプションであり、バイク以外にも何か一台契約しているバイクや自動車が必要です。
そのため車やバイクを持っておらず一人でバイクを所持している人は加入ができません。
必ず自分や家族が自動車保険に加入しており、そのオプションとしての加入が必要になります。

メリットもデメリットもあるものであるため、多くの人はファミリーバイク特約に加入しつつほかの任意保険にも加入をして使い分けるという人もいます。
自分にとって必要なサービスに応じて使い分けをするのも有効です。