台湾の電動バイクあれこれ

バイクや自動車の電気化

近年、自動車は急速に電気化が進んでいます。
多くのメーカーが電動モーターを採用してエコな車づくりに取り組んでいます。
電気のみで走るものも出てきており、今後も自動車は電動のものがたくさん作られる予定です。

それに対してバイクは若干電気化が遅れている印象が持たれがちです。
日本でも電動のコンセプトモデルの研究が始まっていますが、海外では日本以上に注目が集まっておりどんどんと製作も進んでいます。
ここでは特に生産が進んでいる台湾の電動バイクについて紹介をしていきます。

台湾の電動バイク

台湾では電動バイクはメジャーです。
すでに街中では多くの電動バイクが走っており、バイク購入者にとっては当然の選択肢に入っています。

その中でも特に注目されているのがGorogoという電動スクーターです。
子のスクーターが注目されているのは街中にあるバッテリーボックスに使用済みのバッテリーを入れ、新しいものに交換するということが可能であることです。
バッテリーの寿命は関係なく乗ることができ、自分で充電することも必要ありません。

都心部ではバッテリーステーションの数がかなり増えています。
そのため街乗りの途中で新しいバッテリーに交換して乗るということが可能です。

バッテリー交換もその都度お金を払うのではなく月額での契約です。
そのため気軽にバッテリーステーションを見つけたら交換をしてフル充電に近い状態にすることができます。

電動のバイクというのはまだまだおもちゃのようなものに思われます。
しかし、パワーは十分にありしっかりと走らせることが可能です。
日本でもこのようなバイクが登場しないかと期待の声が上がっています。

日本で電気バイクが浸透しない理由

日本では電気で走るバイクは公道を走っていません。
海外ではメジャーになりたくさん走っているものの日本では全然走っていないのには規制の問題があります。

台湾の電動モーターは規制が6キロワット相当で日本では125㏄に相当するものです。
しかし日本で125㏄クラスに相当する電動モーターは規制によって6分の1にしか許可が下りていません。
そのため、まだまだ小さな排気量の電動バイクは公道を走ることができずにいます。

しかし、近年環境保全の観点からも、電動バイクの走行が求められており、規制緩和に向けての行動もとられるのではないかと考えられています。
バイクメーカーも規制が緩和され公道を走れるようになったらすぐに販売ができるようにということで電動バイクの研究が進んでおり、モーターショーでも展示されることが増えています。
今後、規制緩和が進み公道を電気バイクが走れるようになれば、すぐにいろいろなメーカーから電気バイクとは思えない走行性の高いものが販売される予定です。