梅雨のバイクはこう扱おう

ライダー泣かせの梅雨

ライダーにとって梅雨は天敵ともいえるシーズンです。
雨が降ることでバイクはとても走りにくくなります。
歯科医も悪くなりますし、濡れながらの運転は重装備にもなりますし、スピードも出せません。

さらに面倒なのがバイクのメンテナンスです。
雨が降って濡れたバイクはそのままにしておくと錆びたり動きがわるくなったりと故障の原因にもなります。
そのため、面倒ですが梅雨はバイクのメンテナンスもいつも以上に行うことが必要です。

そこで、ここでは梅雨でもバイクを楽しむ方法を紹介していきます。
紹介する方法を実践してみて夏の楽しいツーリングに向けてモチベーションを維持してみましょう。

思い切って雨のツーリングを楽しむ

雨はバイクには不適です。
しかし、最新技術の組み込まれているバイクは雨でもうまく走ることができます。

とはいっても腫れている時とは同じ状況は作れません。
転倒や事故に気を付けながらいつも以上に安全に気を付けて走ることが必要です。
そのため、最初のうちはあまりあまり遠出せず慣れている道から始めましょう。

同じくいっそ雨に濡れてメンテナンスが必要ならばダートのような激しく汚れる道を走ってみるのも一つです。
とはいえ、ダートを雨の中走るのはとても大変ですし転倒する恐れもあります。
初心者は泥だらけになることは間違いないですし必ず転倒するので汚れてもいいどころか捨てても構わないジャケットで臨むことがおすすめです。

思いっきり丁寧にメンテナンスをする

雨の中でバイクに乗るとメンテナンスが大変です。
濡れたまま放置をしているとすぐにバイクはダメージを受けて夏になるまでに走行性が下がっているということも少なくありません。

そこで、ガレージを借りたり晴れの日を使ったりして思いっきりメンテナンスをしてみましょう。
梅雨で出かけるチャンスがないからこそ、しっかりとバイクの状態を見て一つひとつのパーツの状況を確認したり、いつもは時間が無くてできないような場所の掃除までしてみるとバイクの走りが飛躍的に変わることが多いです。

自分でのメンテナンスは時間がかかるため思うようにできていないという人も多いものです。
せっかくのチャンスですから時間をかけてたっぷりと自分の愛車を整備してみましょう。

メンテナンス初心者でも最近ではインターネットにたくさんの情報がありますし、動画でもメンテナンス方法が紹介されていることが多いです。
そのため、時間はかかっても動画を見ながら自分で愛車のメンテナンスをしたりパーツ交換や清掃といった作業も進められます。
自分で行うのは難しいという人は、思い切ってバイク用品店にしばらくの間預けて徹底的にチェックをしてもらい清掃までしてもらうのも一つの方法です。