ナンバープレート紛失時の再発行手続き

バイクのナンバープレートは再発行可能

バイクを冬眠させる際などに、一度ナンバープレートを外して保管しておくという選択をするライダーさんは珍しくありません。
そして、保管しておいたはずのナンバープレートをそのまま紛失してしまうというライダーさんも、珍しくないようです。

意外に思うかもしれませんが、薄い鉄製のプレートなので、ふとした拍子にどこかに紛れ込んでしまい、紛失してしまうことが少なくないのです。
ナンバープレートが外れたままの状態では、当然ですが法律上、公道を走ることはできません。
すぐに警察に逮捕されてしまいますので、ナンバープレートがどうしても見つからない場合は、大人しく再発行手続きを行いましょう。

手続きの場所がバイクの種類によって異なる

ナンバープレートの再発行手続きは、主に二か所に分かれます。
原付バイクの場合は市役所へ、その他のバイクに関しては、陸運局に申請を行うことで、再発行をしてもらうことが出来ます。

原付バイクの場合は、市役所などの役所に直接赴き、必要書類に記入をして、窓口に申請を行います。
標識交付証明書、印鑑、身分証明書など、いくつか持参しないといけないものがありますので、忘れずに持参をしてください。

また、再発行の際には数百円ではありますが、再発行代金が発生することが多いので、現金を用意する必要があります。
値段は市区町村によって異なりますので、心配な場合は事前に確認を行いましょう。

その他のバイクの場合は、バイクの種類によって申請書類が少し異なります。
必要書類に記入をする必要がありますが、陸運局に用意がありますので、陸運局で忘れずに記入をしていきましょう。
車検証や印鑑、自賠責保険署名所や軽自動車届け出証、理由書など、持参をしなければいけないものも多くありますので、こちらも事前に確認が必要です。

こちらも申請時に、数百円ですが申請代金が必要になりますので、必ず現金を持参してください。

再発行時の注意事項について

ナンバープレートは、申請さえ行えば再発行が可能です。
ですが、今まで利用していたナンバーは利用することが出来なくなりますので、お気に入りナンバーだった場合は、諦めずにプレートを探してみましょう。
どうしても見つからない場合は、ナンバーを諦めるしかありません。

また、プレートの紛失ではなく、ナンバープレートの破損の場合はまた話が別です。
破損したナンバープレートの現物を持っていけば、無償で交換、同じナンバーで申請することが出来る場合もあります。
状況によっても異なりますが、交換をしたいだけの場合は、手間と時間をかけずに、もっとスムーズに申請が出来る可能性が高くなるでしょう。