ローン返済中だけど売却したい

ローン返済中でもバイク売却をすることが出来る?

バイクをローンで購入し、まだローンが余っているものの、売却をしたいと考えている場合。
ローンを支払っている最中でも、もちろん、バイクを売却すること自体は可能です。
ローン義務が無くなることは当然ありませんが、バイク売却自体に制限がかかるわけではありません。

場合によっては、新しいバイクを再度ローンで購入することも可能でしょう。
こちらはショップの判断によりけりですが、ローンを支払うことが出来るあてがあると判断された場合は、複数ローンを組むこと自体は出来ないことがありません。

もちろん、出来ないわけではありませんが、やらない方が賢明とは言えます。
バイク購入は決して安くはない金額が掛かりますので、ローンが複数溜まっただけで、債務地獄に陥る可能性もあるからです。
せめてローンを組む際には、ある程度の計画や対策を練ってから購入するべきと言えるでしょう。

ベストな売却方法は買い取り査定にかかっている

ローン返済中であるものの、今のバイクを返済したいという場合。
最も理想的なのは、余っているローン金額より、買い取り金額が高い状態で売却することが挙げられます。
バイクを売却した際に、現在残っているローン金額よりも、バイク金額が高く売れれば、ローンを一括返済し、場合によってはお釣りも出来るでしょう。

ローン返済中にどうしても新しいバイクが欲しくなった場合も、こちらの方法がおすすめです。
現在ローンを組んでいるバイクを高額で買い取りしてもらうことが出来れば、ローンをチャラになり、新しくローンを組める可能性が高くなるでしょう。
運が良ければ、新しいバイクに前金としてお釣りを支払うことが可能です。

自分が損をするような売却をしてはいけません

上記のように、上手くローン返済が済めば良いのですが、残念ながら、世の中そうそう上手くはいきません。
確かに、こうした方法でローン返済をするというライダーは珍しくありませんが、このように運よくプラスになる方は、非常に珍しいでしょう。
大体の場合は、バイクを売却してもローンだけが残り、手元に何もないのにローンだけを支払い続けるというケースが少なくありません。

更に、新しくその後バイクを買うとなった場合。
買い取り金額がプラスにならず、新しいバイクもローン購入をするとなったら、懐が非常に苦しくなるのは目に見えています。
無理な経済状況は身の破滅を呼びますので、絶対にやめましょう。

ローン返済中は、バイク売却をせずに、そのバイクを楽しむことをおすすめします。
せっかくローンを支払っているのに、下手に売却してしまうと、結果として損をしてしまう事態に陥ってしまうでしょう。