前後2WDシステムのバイクはオフロードで

オフロードバイクの世界では2WD化が進行中

バイクというのは二輪の乗り物であり、後輪駆動しかありません。
車の世界では前輪駆動、後輪駆動、4WDと選択肢がありますが、バイクにはないのです。
しかし、オフロードの世界では2WD化が進みつつあります。

そもそも、バイクはなぜ後輪駆動がほとんどなのでしょうか。
これはエンジンで生み出したパワーがチェーンとスプロケットという歯車を伝って後輪が回っているためであり、前輪のみであれば滑りだしと同時に転んでしまいます。

この後輪のみが駆動しているのがバイクの常識であったものが前輪も後輪も回ってしまうのはどのようなこうかがあるのでしょうか。
ここでは2WDバイクの魅力と走行性を紹介していきます。

2WDバイクの魅力

オフロードは滑っても前輪と後輪とが回っているとコケることも心配なく走ることができます。
両方の車輪が走ることで単純に回転する部分が増えますから走破性は格段に上昇しています。

後輪が滑ったとしても前輪がひっぱってくれるので悪路も止まることがありません。
そのためオフロードの世界では2WDはとても走りやすく注目されているのです。

走りやすくする工夫も多く取られ開発もどんどんと進んでいる

常にバイクでオフロードを走るわけではありません。
走る場所によってバイクの種類を変えることができればよいですが、バイクの保管場所やランニングコストの観点からも何台もバイクを購入して所持することは難しいです。
そのためなかなか訪れる機会のないオフロード向けのバイクを購入するという人はあまりおらず、2WDの必要性はあまり求められていないように思われます。

そこで、最近ではオフロードを走る際には切り替えて2WD走行をするタイプのバイクも開発が進んでいます。
このようなタイプのバイクであれば普段の街乗りもできつつも、オフロード時には気持ちよい走破性を感じることができます。

特にこのような2WDの楽しみを味わいたいけれども日常的に乗るバイクとしても使いたいという人は2WDのキットを購入して自分でモトクロッサーなどに付けているという人もいます。
切り替えができれば楽しみやすいですし、カスタムをすることでバイクへの愛着も倍増します。

電気バイクでも最近では2WDの開発はどんどん進んでおり、今後は切り替えタイプのものもたくさん販売されることが予想されています。
開発が進めば切り替えタイプの2WDバイクも種類が増えて手軽に購入できるようになることも、標準装備されているタイプのバイクも増えると考えられています。
自分には縁のないタイプのバイク、乗ることはないバイク、と思っている人も購入しやすい状況になれば購入するバイクの選択肢として2WDバイクが入ってくる可能性もゼロではないのです。