売却後の自賠責保険払い戻し

自賠責保険は掛け捨てではありません

車両を購入する際に加入が義務付けられている、自賠責保険。
必要な保険料を、年数契約で支払う保険で、契約期間が切れる前に、随時更新を行う必要がある保険です。
万が一交通事故を起こしてしまった際などに、事故の相手の治療費などを賄うことが出来る、非常に重要な保険として知られています。

そんな自賠責保険は、保険料が掛け捨てではありません。
万が一、バイクを売却して、その次に新しい車両を買い替える予定もないという場合は、保険料がその分戻ってきます。

ですが、返金は自動的に行われませんので、必ず忘れずに手続きを行いましょう。
ある程度の手間がかかりますが、保険料が返ってくる分、得した気分になることが出来るでしょう。

自賠責保険を返金してもらう方法は?

自賠責保険の残り分を返金してもらうためには、まずは必要書類を用意する必要があります。

まずは、廃車申告書、ナンバープレートなどの、廃車手続きに必要な書類などです。
バイクを廃車した、次の車も持つ予定がないという申告書、証明になりますので、記入をしていきましょう。

次に、標識交付証明書、自賠責保険証明書、保険標章などの必要書類です。
こちらの証明書は無くしてしまわないように、きちんと保管されているかと思いますので、提出の際に原本を用意しましょう。

そして、運転免許証などを始めとした身分証明書、本人の印鑑が必要になります。
届け出の際に必要になりますので、必ず忘れずに持参をしてください。

これらの必要書類、必要物を用意したら、加入をしている保険会社に届け出を行います。
届け出用紙を別に記入して、直接保険会社に赴くか、郵送で保険会社に送り、解約手続きが受理されたら、自賠責保険を指定口座に振り込みが行われます。
振り込み口座番号などを間違えると、再度振り込み手数料負担となる場合も多いので、注意が必要です。

また、市区町村、保険会社によっては、返金の際に必要書類が異なる場合がありますので、事前に確認をすることをおすすめします。
保険会社に問い合わせをすることが一番確実ですので、必要なものを用意する前に、一度電話をしてみると良いでしょう。

一か月以上の保険期間が必要

自賠責保険に返金手続きを依頼する際には、契約期間から残り、一か月以上が必要となります。
一か月を過ぎると対象外となりますので、注意が必要です。

また、保険解約がギリギリになった場合は、そこまで高額の返金額にはなりません。
数百円前後の保険料が返金されるだけの場合も少なくありませんので、事前に返金額を保険会社に確認しておきましょう。
これだけの手間がかかりますので、事前に確認しておかないと、ガッカリしてしまう可能性があります。